校歌紹介

   山形第二高等女学校校歌は、昭和11年度、第7回卒業生152名の卒業記念として学校に贈られたものです。校歌作成に向けて、昭和10年、校歌制定委員会が作られ、斎藤茂吉に作詞をお願いすることに決まりました。アララギ派の歌人でもあった委員の一人が東京青山に茂吉を訪ね、作詞を承諾してもらいます。
 何度かの曲折を経ながらも、昭和13年9月に校歌詩は完成しました。また、作曲については、茂吉が仲介の労をとり、堀内敬三に依頼しました。楽譜は昭和14年2月、学校に贈られてきました。こうして、完成した校歌は、昭和14年3月6日、「校歌贈呈式並びに音楽発表会」のなかで披露されました。
 山形北高の校歌は、昭和30年1月、山形第二高等女学校時代の校歌、1番と2番をもって制定したものです。